previous arrow
next arrow
PlayPause
Shadow
Slider

ベトナムトゥオン劇場で、竹棒サーカス(ラン・トイ)

ベトナムトゥオン劇場で、竹棒サーカス(ラン・トイ)

Wさんとお別れした後は
ベトナム・トゥオン劇場へ。

ラン・トイ

ベトナムの田舎での生活を、サーカスで表現しています。

農業、建築、伝統的な遊びなどの村人の生活を
竹棒を使ったサーカス、ジャグリング、華やかなアクロバットで再現しています。

伝統楽器の生演奏や、照明、演出がすごく幻想的でした。

私は、VIP席を選び
1列目、ど真ん中だったので

1050000ドン(5250円)

でしたが、全く惜しくないくらい
素晴らしいショーだったので
ハノイに行ったら、強くオススメします(^^)/

17時から、ドリンク飲みながら
展示物を鑑賞する時間があります。

17時半に開場。

ど真ん中でワクワクしてました♪

隣に座ったオーストラリアのご夫婦と
開演まで、しばしお喋りしてました。

同じホテルだったみたいです。

2週間、ハノイに滞在しているようで

「ここ行ってきたわ!」
「あそこも行ってきたわ!」

写真をたくさん見せてもらってたんですが
結構、場所は遠いところだなぁと思い

「どうやって行ったんですか?」
と、聞くと

「ウォーキング」
と、答えるご夫婦(推定60歳は超えてます)

( ゜∋゜) えっ?!?

いやいや、聞き間違いかしらと思い

「自転車?bicycle?」

「No No ウォーキング!」

「大阪から和歌山も行ったわよー」というので
もう一度、「どうやって?」と聞いたら

「ウォーキング」

 

またまた、私の中の常識が
ガラガラと音を立てて崩れていきました!

1日、6時間は歩くご夫婦。
ちょっとやそっとで、疲れてる場合じゃないですね♪

早速、家かえったら
こんなご夫婦居たよーって、母に伝えておきました!

大体、新居浜〜今治くらいの距離を
毎日歩いて観光してるみたいです。

ご夫婦の話も、衝撃でしたが
ショーの内容も、クオリティーが素晴らしくて
竹棒つかったサーカス、最高でした!

終わったら、撮影タイム。

そして、そのまま予約していたスパに向かいます。

なんだかんだ分刻みスケジュールで
余韻に浸ってる感じじゃなかったです!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)