img_3822.jpg
img_7340.jpg
img_3655.jpg
img_1003.jpg
img_4040-1.jpg
img_7744.jpg
img_7837.jpg
img_7680.jpg
img_7652.jpg
img_7499.jpg
img_5990.jpg
20190113_020325990_iOS
20190122_044740320_iOS
20190122_150336600_iOS
PlayPause
previous arrow
next arrow

タイ航空のビジネスクラス、ロイヤルシルクラウンジのサービス初体験!

タイ航空のビジネスクラス、ロイヤルシルクラウンジのサービス初体験!

10月の旅行の本当の目的は、ビジネスクラスに乗ることで
行き先は最初どこでもよかったんです。

6月に旅セミナーを受講していた私。

セミナーうけるまでは、まさかビジネスクラスに乗るとは思ってなかった!

・・・けど

すごく身近に手軽に、乗れるのかもしれないと感じたセミナー後
「本当にビジネス乗れるのっ?」
と、ワクワク期待を膨らませ、海でノンビリしたいという希望と
予算、日程を伝えたのは7月のことでした。

プーケットはどうかと講師に提案していただいて即決!

そうして往復ビジネスの切符を握りしめ、今回空を飛んだのです~!!

ANA532 高松ー羽田 07:35-08:55
TG683 羽田ーバンコク 10:35-15:05
TG217 バンコクープーケット 16:50-18:10

タイ航空の2階席

座席シートの脇にある荷物入れがとても便利でした。

ウェルカムシャンパン

早速メニュー表を渡されにらめっこ

食事メニューは日本語だったけど、ドリンクメニュー読めなかったので、赤ワイン一本でいきましたw

前菜からデザートまで、次々と運ばれてきます。

赤ワインがめちゃくちゃ美味しくて、チーズをつまみながら最新映画を見ている時に…
元取ったな、、、とシミジミ感じました(笑)

足も伸ばせて快適です。

5時間のフライト

もう少し長くてもよかったな…

バンコクに着いてからは、海外になれていない私は
空港でさまよいラウンジに辿りつけず(´;ω;`)

お次はプーケット行きのビジネスクラスに乗り込みます。

こちらの席の方が好みでした。

食事もgood!

荷物もすぐ出てくるのが最高!

行きは彷徨って、ラウンジ経験できなかったけど、帰りは辿り着きました。

プーケット国際空港のラウンジはこんな感じでした↓

初ラウンジでキョロキョロ落ち着かない。

皆ゆったり寛いでいます。

アルコールや軽食もありましたが、機内食たべたいから少しだけ味見。

バスの関係で空港で4時間くらい時間つぶさないといけなかったんですが…

ラウンジのおかげでそんなに疲れませんでした。

空の日程はこんな感じ↓

10月19日(月)
TG218 プーケットーバンコク 19:00-20:25
TG682 バンコクー羽田 22:45-06:55 20日着

10月20日(火)
ANA533 羽田ー高松 09:35-10:50

帰りの機内の席は、独立した一つの空間でした。

写真わかりづらいけど1シートです。

機内食は・・・いまいちでしたが、デザートが美味しかったです。

バンコクに到着し、今度こそ迷わずロイヤルシルクラウンジ

やっと来れた♪

バンコクのラウンジは、クオリティ高いと聞いていたけど

ほんとに、料理もお酒も種類豊富でした!

人も多い!

ビジネス以上の人は、ここで無料の30分マッサージが受けれるんですが
私は飛行機で寝たいので、シャワーを浴びてリラックス着に着替えることにしました。

シャワー室まで案内して頂き、思っていたより広めで清潔。 ゆったり寝る準備ができました。

機内に入った時は、もう23時前

翌朝のブレックファーストを頼んですぐ寝ましたzzz

朝食↑

またまた文字が読めなかったから、OKOKと言っていたら 朝から重めにポークがきてしまった。

帰りは機内食より、ラウンジの食事の方が美味しかったように思います。

本当いい経験ができました。

またいつかビジネスクラス乗りたいな!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)