img_3822.jpg
img_7340.jpg
img_3655.jpg
img_1003.jpg
img_4040-1.jpg
img_7744.jpg
img_7837.jpg
img_7680.jpg
img_7652.jpg
img_7499.jpg
img_5990.jpg
20190113_020325990_iOS
20190122_044740320_iOS
20190122_150336600_iOS
PlayPause
previous arrow
next arrow

【マニラツアー2日目②】スモーキーマウンテンで感じたこと

【マニラツアー2日目②】スモーキーマウンテンで感じたこと

マニラツアー2日目
13時にトゥモさんと合流して
いざスモーキーマウンテンに出発しました。

スモーキーマウンテンとは
ゴミ集積所のことであり
日本のように焼却ではなく埋め立て。

どんどん積み上げられた
ゴミが化学反応をおこし常に煙が上がることから
スモーキーマウンテンと名づけられたよう。

詳しくはこちらから→

道中、説明をしてもらいながら
目的地に向かって進んでいると

「この橋をこえたら、風景はガラッと変わるよ」

と、言われドキドキしながら
窓の外に視線を。

建物があっという間に
バラック小屋に変わっていき
生活してる人々も雰囲気が変わっていく…

マニラでは、高級な建物がある場所から
車数分で、ガラッと風景が変わるのを
何度も目にして、格差をアリアリ感じました。

ここで生活する人たちは
スカベンジャー(ゴミの中から廃品回収し、日銭を稼ぐこと)をしながら生活しています。

各国からの、NGO団体も支援を行っているよう。

私たちも、さっそく用意していたお菓子を袋に分け
子どもたちに配る準備をします。

中にどんどん入って行くと…

あっという間に
子どもたちに囲まれてしまいます!

子どもたち、みんな笑顔で可愛いんですよ。

積極的にくる子も居れば
上から眺めてる子が気になって
私は、中に入ってみた。

中は、カラオケしてたり
テレビもついていて
皆、中にどうぞって案内してくれる。

↑お菓子に夢中で
ようやく振り向いてくれた一枚。

ピアスしてたり
アクセサリーつけてたり
この環境の中でも
ちゃんとお洒落して
商売もしてて…

生きてるなぁ

って感じました!

この場所で生まれて
この環境しか知らない子ども達。

日本にいるフィリピンの友人は
たぶん富裕層で、マニラのことあまりよく言わない。
ずっと日本に居たいみたい。

友人からしたら
なんでそんな所行くの?って思うのかな。。

だけど…

お菓子もらった時の
満面の笑みの子ども達を見たら
私は、ここに来て
子ども達と触れ合えて本当に良かった!!

子ども達に罪はない。

行くまでどんな感情を抱くのか
自分でもわからなかったんだけど…

なんか

今の自分の環境で
お金が…時間が…
なんて言っていることが滑稽に思えてくるような

生命力の強さ
たくましさ
人間力というものを引き出されるような
体験をさせてもらった気がします。

連れてきてくれてありがとうございました!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)